So-net無料ブログ作成
検索選択
にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村

バンベン【有限会社】の「たいたん」こと坂本毅が新婚さんいらっしゃい!出演。「新婚旅行で内モンゴルに行き感動」嫁。塩の販売知られる会社の社長 [テレビ]

1888649_762384620458078_1114893306_n.jpg

 10月5日に放映された

テレビ朝日系の番組「新婚さんいらっしゃい!」 に福岡市から来た坂本毅さんと奥さんの有紀さんという夫婦が

出演し、話題になっていますね!!!

 検索されまくり、サバ落ち?との情報も!!!!

この会社・夫婦の紹介

内モンゴル産の岩塩を日本に卸す(有)バンベン(福岡市博多区)の坂本毅社長。同氏が1991年に青年海外協力隊として派遣されたのが中国・内モンゴルのオルドスという街だった。かつて草原だった場所は砂漠化し、黄砂の発生源となっている。「第2の故郷をもとの姿に戻したい」そんな思いを抱きながら、2004年たった1人で会社を設立。内モンゴルの岩塩などを販売し、売上の10%を緑化に投入するプロジェクトを推進、着実に緑を増やしている。

<砂漠化で死活問題>
sakamoto1.jpg 内モンゴルとの出会いは青年海外協力隊。もともと日本語教師を目指し、海外で日本語教育に取り組もうと考えていた。青年海外協力隊の派遣に応募し、採用され派遣先が内モンゴルだった。オルドスは首都北京から西に約800キロ。当初はまったくイメージできずに、現地で果たして日本語を学ぶ人がいるのだろうかと不安だったが、現地の高校生に溶け込み、91年から3年間、中国内モンゴルのオルドスで過ごした。最も驚いたのは内モンゴルの草原に対するイメージだ。大草原を馬に乗って駆け巡る。そんなイメージを持っていたが、いざ現地に入ってみると、草原はなく、風が少し吹くと砂嵐が舞った。

m_ganen.jpg 羊の放牧により生計を立てる家庭が多く存在する地域。草原がなくなれば、生活はできない。環境問題以上にこれは死活問題である。オルドスは世界的にも、砂漠化の最前線と言われており、環境NGOが90年代からオルドスで活動を開始した。坂本氏は現地在住の日本人として、日本からの植林ボランティアを案内していた。その活動を通じ、「砂漠化は過放牧や過伐採により人的要因で発生したもの。それをまた人の力で元に戻す活動をやってみたい」と思った。しかし、自分には技術も社会経験も足りない。貿易会社に入社した後、JICAボランティアのコーディネーターとして、北京に赴任する。

ネットアイビーニュースより引用

 http://www.data-max.co.jp/2013/09/24/post_16455_dm1545_1.html

http://ameblo.jp/ordos-banben/

公式ブログ↑

世の中には行動力があり、素敵な人がいるんですね!!!

環境問題などが騒がれる中、こういう人がどんどん現れるといいですね!

仮に直接慈善活動が出きなくても、こういう人たちのサポートをする、優良企業を選んで消費する。

間接的ですがつながるではないでしょうか?

今度の活躍に期待です!!!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。